DeepLesson に戻る

 第5章  オブジェクトにフィールド文字を付加する
 
 オブジェクトに文字情報(フィールド文字)を付加できます。 


(1)下図の土地改良区の図面に区画の面積文字をフィールドで作成します。
 フィールド文字でリンク付けすると、区画を変更すると面積の数値も自動的に変更されます。

 

(2)下図の青枠(ポリライン)の面積をフィールド文字で記入します。
 [プロパティ]の赤枠内の面積は<1559763335.5>となっています。

 

(2)[注釈]→[文字]→[文字記入]を選びます。
 
 
 
(3)文字を記入する位置でクリックして、文字の大きさと角度を指定します。

 

(4)入力のタイミングで、右ボタンを押してショートカットの中から
 [フィールドを挿入]を選びます。

 

(5)[フィールド]ダイアログが表示されます。
 [フィールド名]に<オブジェクト>を選び、[オブジェクト タイプ]の右にあるボタンを押します。

 

(6)オブジェクトを選択する画面に切り替わるので、土地の外周線(ポリライン)を選択します。

 

(7)再び[フィールド]ダイアログが表示されます。
 [プロパティ]の中から[面積]を選び、[形式]の中から[十進表記]を選びます。
 [その他の形式]ボタンを押します。

 

(8)[その他の形式]ダイアログの[変換係数]を<0.000001>と入力します。
 (平方ミリを平方メートルに変換します。)
 [接尾表記]には<㎡>と入力します。

 

(9)[フィールド]ダイアログに切り替わりますが、[プレビュー]で<1559.7633㎡>と確認できます。

 

(10)[OK]ボタンを押すと、フィールド文字で面積が作成されています。
 フィールド文字の背景は[薄い灰色]で表示されます。

 

(11)フィールド文字の背景を無色にするには、[オプション]ダイアログの中の
 [フィールド]のチェックを外し、[適用]ボタンを押します。

 

(12)下図のようにフィールド文字の背景は無色になりました。

 
 
 
    面積を変更する 
 
(1)土地の外周を下図のように変更しました。
 この時点では、面積の数値は変更されていません。

 

(2)キーボードから[regen](再作図)と入力すると、面積が変更されます。

 

(3)フィールドの内容を変更するタイミングは、[オプション]ダイアログの[フィールド]から
 [フィールド更新設定]を選びます。

 

(4)[フィールド更新設定]ダイアログから、更新するタイミングを指定できます。