AutoCAD LTをExcelでコントロール


窓自動作図

  

Private Sub CommandButton1_Click()

Dim Hig, Wid, Waku, Off As Integer '整数の変数宣言
Dim Fname As String '文字列の変数宣言
'TextBoxの内容を変数にセットします。
Hig = TextBox1.Text
Wid = TextBox2.Text
Waku = TextBox3.Text

If Hig = 0 Or Wid = 0 Or Waku = 0 Then
MsgBox ("入力されていない個所があります")
End If

'scr(スクリプトファイル)の場所を[C:\ExAcad\CadData\]に指定しています。
'CadDataのフォルダの中身は、[ExAcad2.zip]から取得して下さい。
'他のフォルダ(例:MyData)にするときは、[C:\MyData\]と指定します。

Fname = "C:\ExAcad\CadData\mado.scr"
'scr(スクリプトファイル<mado.scr>)を事前に作成しておきます。
'ファイルが読み書き出来るモードで開きます。

Open Fname For Output As #1
Print #1, "osmode 0"
Print #1, "zoom e"
Print #1, "ucs " & "o " & "@ " & Chr(13)
'AutoCAD のコマンドラインに、[四角形]コマンドを送ります。
Print #1, "rectang @ " & "@" & Wid & "," & Hig
Print #1, "zoom e"
'AutoCAD のコマンドラインに、[オフセット]コマンドを送ります。
Print #1, "offset " & Waku & Chr(13) & "@ " & "-1000,-1000" & Chr(13)
Print #1, "zoom e"
Print #1, "filedia 1"
Close #1

'AutoCAD をアクティブにします。
'[SetAcadCtrl]はExcelからAutoCAD LTをコントロールする標準モジュールです。
'SendKeysは不安定ですが、これはLTへ確実にコマンドを送信できます。
SetAcadActive
'AutoCAD のコマンドラインに、スクリプトを送ります。
SendAcadCommand ("filedia 0" + Chr(13) + "script" + Chr(13) + Fname + Chr(13))
SendAcadCommand ("filedia 1" + Chr(13))

End Sub
''-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Private Sub CommandButton2_Click()

Exit Sub

End Sub
''-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Private Sub CommandButton3_Click()

'AutoCAD をアクティブにします。
'[SetAcadCtrl]はExcelからAutoCAD LTをコントロールする標準モジュールです。
'SendKeysは不安定ですが、これはLTへ確実にコマンドを送信できます。
SetAcadActive

'AutoCAD のコマンドラインに、[ID]コマンドを送ります。
SendAcadCommand ("osmode 8" + Chr(13))
SendAcadCommand ("id ")

End Sub