人文科学 公民(政治)
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No1 人文科学(公民) 基本的人権
問1 (1) 次は日本国憲法の一部である。(  )にあてはまる語句を書きなさい。

<前文> 
そもそも国政は(  )の厳粛な信託によるものであって,その権威は(  )に由来し,その権力は国民の代表者がこれを行使し,その福利は国民がこれを享受する。

答え:
(2) 次は日本国憲法の一部である。(  )にあてはまる語句を書きなさい。

<11条>
この憲法が国民に保障する基本的人権は,侵すことのできない(  )の権利として,現在及び将来の国民に与へられる。

答え:
(3) 次は日本国憲法の一部である。(  )にあてはまる語句を書きなさい。

<12条> 
この憲法が国民に保障する自由及び権利は,国民の(  )によって,これを保持しなければならない。

答え:
問2 以下の文は日本国憲法の何条か。選びなさい。

「国民は,すべての基本的人権の享有を妨げられない。
この憲法が国民に保障する基本的人権は,侵すことのできない永久の権利として,現在及び将来の国民に与へられる。」

答え:
9条 11条 14条 24条
問3 基本的人権は,憲法13条で保障される何という原理に基づいているか。

答え:
問4 (1) 次の文は,A自由権 B平等権 C社会権 D基本的人権を守るための権利のどれにあてはまるか。

「子どもたちは,年齢に応じて充実した豊かな教育を受けることができる。」

答え:
A B C D
(2) 次の文は,A自由権 B平等権 C社会権 D基本的人権を守るための権利のどれにあてはまるか。

「国の機関に要望することができる。」

答え:
A B C D
(3) 次の文は,A自由権 B平等権 C社会権 D基本的人権を守るための権利のどれにあてはまるか。

「現行犯以外は,人は不当に逮捕されることはない。」

答え:
A B C D
(4) 次の文は,A自由権 B平等権 C社会権 D基本的人権を守るための権利のどれにあてはまるか。

「企業は,給与や昇進で女性と男性を差別してはならない。」

答え:
A B C D
(5) 次の文は,A自由権 B平等権 C社会権 D基本的人権を守るための権利のどれにあてはまるか。

「親のすすめをことわり,自分の好きな職業についた。」

答え:
A B C D