公民【政治】(一問一答式)

公民【政治】(三権分立)  
 No 問題  解答ボタン 
  [三権の関係]
 1 立法,行政,司法のしごとは,それぞれ国会,内閣,裁判所が担当し,権力の集中を防いでいる。この政治のしくみを何というか。
 2 問(1)を主張したフランスの思想家は誰か。

また,その代表的な著書は何か
 
 3
 4 問(1)の目的は何であると考えられるか。その目的を書け。  
  [三権の関係]
      
 5 図のAにあてはまる語句を書け。
 6 図のBにあてはまる語句を書け。  
 7 図のCにあてはまる語句を書け。  
 8 国会が内閣に対してもっている権限①は何か。2つあげよ。  
 9 内閣が国会に対してもっている権限②は何か。  
 10 裁判所が内閣に対してもっている権限③は何か。  
 11 内閣が裁判所に対してもっている権限④は何か。  
 12 裁判所が国会に対してもっている権限⑤は何か。  
 13 国会が裁判所に対してもっている権限⑥は何か。  
 14 国民の国会に対するコントロールの手段⑦は何か。  
 15 国民の内閣に対するコントロールの手段⑧は何か。  
 16 国民の裁判所に対するコントロールの手段⑨は何か。  
  [三権の関係]
   次の(1)~(11)は図のア~ケのどれにあたるか。

 
 17 内閣不信任案を可決した。  
 18 衆議院が解散され,総選挙が実施された。  
 19 現行の定数配分は違憲である。  
 20 刑法200条「尊属殺人は死刑又は無期懲役」は憲法14条違反であると裁判が下り,1973年に最高裁で違憲判決がでて1995年に刑法200条が削除された。  
 21 総理大臣は,国会議員の中から選ばれる。  
 22 内閣不信任案が可決された。  
 23 判事補が,弾劾裁判所で有罪となり,裁判官の地位を失った。  
 24 内閣に対する国民の期待が高く,その支持率が高い。  
 25 最高裁判所長官の指名と裁判官の任命が行われた。  
 26 最高裁判所の裁判官については国民審査が行われる。  
 27 裁判所は行政事件について裁判を行う。  
  [問題55]
  次は,国会(または,衆議院,参議院),内閣裁判所のどれに関係があるか。  
 28 天皇の国事行為の助言と承認  
 29 国政調査権  
 30 法律,命令,処分の違憲審査  
 31 条約の締結  
 32 条約の承認  
 33 憲法改正の発議  
 34 内閣総理大臣の指名  
 35 弾劾裁判  
 36 決算の承認  
 37 政令の制定  
 38 予算案の提出  
 39 内閣不信任の決議  
 40 最高裁判所長官の指名  
 41 法律や予算の執行