公民【経済】(一問一答式)

公民【経済】(企業・労働)  
 No 問題  解答ボタン 
  [企業-資本主義経済と企業]
 1 生産活動の元手となる資金を何というか。
 2 問(1)をもとにさまざまな生産活動が行われて成り立つ経済を何というか。  
 3 生産に必要な要素を結びつけて実際に経済活動を行う組織を何というか。
 4 問(3)のうち,国や地方公共団体が経営するものを何というか。  
 5 問(4)以外の民間の問(3)を何というか。
 6 問(5)の企業は何を得ることを目的に活動しているか。  
 7 問(5)の企業はさらに,(  )企業(株式会社など)と(  )企業(農家や個人商店など)に分類される。  
 8  
   [企業-資本主義経済と企業]
 9 日本の企業数の99%は(  )企業である。

かつて,大企業と()企業の間には,大きな(  )格差があった。
 
 10  
 11 比較的小資本で新しい技術を開発する企業を何というか。  
 12 今日の企業は,利潤を追求するだけでなく,人々の生活を向上させる活動をすることも求められている。これを何というか。  
  [株式会社]
 13 大企業(私企業)の大半をしめており,不特定多数の人々から多くの資金を集める企業を何というか。  
 14 問(13)は,必要とする資金を多数の(   )に分けて出資者をつのり,多くの人々から多額の資金を集める。  
 15 問(14)で,資金を出した者は何と呼ばれるか。  
 16 問(15)は会社が利益をあげるとその配分として何を受け取るか。  
 17 問(15)は経営の基本方針を決めたり,取締役を選んだりする(   )に出席する権利を持つ。  
 18 問(13)が倒産した場合の問(15)の責任の範囲を説明せよ。  
  [株式会社]
 19 株式を売買する場所を何というか。  
 20 次の①,②の場合,株価(株式の値段)はどうなるか。

 ヒット商品をつくって売り上げを伸ばした場合。

 製品の事故などで社会的信用を失った場合。
 
 21  
  [労働者の権利]
 22 労働時間や賃金などの労働条件の最低基準を定めた法律を何というか。  
 23 問(22)の法律は,1日あたりの労働時間を何時間以内としているか。  
 24 労働三権を具体的に定めた法律名を書け。  
 25 労働三権を3つとも書け。  
 26 労働争議の予防や早期解決を図るために定められている法律名を書け。  
 27 問(1),(3),(5)の3つの法律をまとめて,どのように呼ぶか。  
  [労働者の権利]
 28 労働者と使用者との関係は必ずしも対等ではない。
そこで,弱い立場の労働者が団結して,労働条件を取り決めることができるように憲法で認められているのは何の結成か。
 
 29 問(28)を結成する権利を何というか。  
 30 問(28)が会社側に交渉を申し込んだときに,会社側は正当な理由なしにこれを拒否することはできない。
この権利を何というか。
 
  [労働者の権利]
 31 労働者は働きすぎにより死亡することもある。これを何というか。  
 32 多様な働き方や生き方が選択できて,仕事と生活との調和がとれている状態を何というか。カタカナで答えよ。  
  [労働のあり方の変化]
 33 かつてわが国の企業は,定年までの雇用を保証してきたが,これを何というか。  
 34 賃金が年齢とともに上昇していくことを何というか。  
 35 問(35)に対し,現在では,能力主義・(   )主義を採用する企業が増えている。  
  [労働のあり方の変化]
 36 近年,雇用や賃金のあり方を見直す企業が増えたことから,パートタイマーや派遣労働者などが増えている。
このような労働者を何というか。
 
 37 日本の労働者に占める問(36)の労働者の割合は(約2割/約3/約4割)である。  
 38 企業が問(36)の労働者をより多く雇用する理由を,「人件費」の語句を使って簡潔に説明せよ。  
 39 経営不振におちいった企業が行う経費削減のための再建,またはそれによって社員を解雇することをカタカナで何というか。  
 40 労働者が失業した場合に備えて整備されている雇用保険,職業訓練,生活保護などの制度をまとめて何というか。カタカナで答えよ。