日本史(一問一答式)

日本史(江戸時代<元禄文化~寛政の改革>)  
 No 問題  解答ボタン 
  [新田開発・農具の進歩]
          
 1 新田開発,干拓などによって,田畑面積は,秀吉の時代から100年の間に約何倍になったか。
 2 江戸時代に発明された田畑を深く耕すことを可能にした農具は何か
また上の図のどれか
 
 3 脱穀のための農具が発明されて,脱穀の能率が向上したが,何という農具か。また,それは上の図のどれか
  [新田開発]
       
 4 上のグラフから,1720年ごろの全国の耕地面積は,安土・桃山時代の終わりに比べて約何倍になっているか。整数で答えよ。  
 5 上のグラフのように,耕地面積がふえたもっとも大きな理由は何か。
漢字4文字で答えよ。

 6 問(5)のため,有明海や児島湾などではどのようにして土地を広げたか。漢字2文字で答えよ。  
  [水産業]
 7 次の文章中の①~③にあてはまる語句を下の[  ]からそれぞれ選べ。

江戸時代,水産業では,麻糸でつくった強い網ができたため,九十九里浜では大規模な(  )漁が行われるようになった。
()は干鰯(ほしか)という肥料に加工され,おもに近畿地方などの綿作地域に売られた。
また,紀伊や土佐では捕鯨や(  )漁,蝦夷地では(  )漁やこんぶ漁がさかんになった。

[ にしん かつお まぐろ いわし たい ]
 
 8  
 9  
  [鉱業]
 10 鉱山の採掘や精錬技術が進み,(  )金山(新潟県),(  )銀山(島根県),生野銀山(兵庫県),別子銅山(愛媛県),(  )銅山(栃木県)などの開発が進んだ。

幕府は,江戸や(  )に設けた金座や(  )などで,大判・小判・一分金といった金貨や,銀貨をつくったほか,全国各地に設けられた銭座で(  )という銅貨を大量につくって全国に流通させた。
 
 11  
 12  
 13  
 14  
 15  
  [三都の繁栄・交通路の整備]
 16 江戸時代の商業の中心となった都市はどこか。  
 17 江戸時代,問(16)は何と呼ばれていたか。  
 18 大名が自分の領地でとれた米や特産物を保管するために問(16)の都市に置いたものは何か。  
 19 江戸を中心とする東海道や中山道などの5つの陸上交通路を総称して何というか。  
  [三都の繁栄]
       
 20 大阪は上の地図のア~カのどれか。  
 21 寺社への参詣人が集まり,西陣織や清水焼などの伝統的な手工業がさかんだった都市はどこか。都市名地図の記号を答えよ。  
 22 大阪・京都を当時何と呼んだか。  
 23 江戸時代,「将軍のおひざもと」とよばれた都市はどこか。都市名地図の記号を答えよ。  
 24 問(23)の都市の人口は約(10/50/100/200)万人であった。  
 25 江戸,大阪,京都をあわせて何といったか。  
  [交通路の整備]
       
 26 上図のの街道名を書け。  
 27 上図のの街道名を書け。  
 28 東北・北陸地方の物資を,津軽海峡を通って江戸に運ぶ航路を何というか。  
 29 東北・北陸地方の物資を,日本海沿岸をまわって瀬戸内海を経て大阪に運ぶ航路を何というか。  
 30 江戸と大阪の間を結んで物資を運んだ定期船を2つあげよ。  
  [商業]
 31 大名や幕府の役人と結びつき,営業上の特権を得て,力をふるった同業者の組合を何というか。  
 32 当時,地方によって通用する貨幣が違ったので,貨幣を交換する仕事をする者が出てきた。これを何というか。  
 33 問(32)の江戸の有力な商人を1人あげよ。  
 34 問(32)の大阪の有力な商人を1人あげよ。  
 35 「現金掛値なし」の新しい商法で大成功した江戸の呉服店は何か。  
  [元禄文化]
 36 生類憐みの令という極端な動物愛護令を出した第5代将軍は誰か。  
 37 問(36)の時代,大阪などを中心として17世紀末から18世紀はじめにかけて栄えた文化を何というか。  
 38 義理と人情の板ばさみになってゆれる人間の気持ちを題材に『曽根崎心中』などの人形浄瑠璃の台本を書いた人物は誰か。  
 39 浮世草子の作者で,「日本永代蔵」を書いた人物は誰か。  
 40 「奥の細道」の作者で俳諧を完成させた人物は誰か。  
 41 下の「見返り美人」の作者は誰か。
また,このような絵を何というか。
      
 
 42  
  [元禄文化]
 43 元禄文化がさかえたのは江戸か上方か。  
 44 元禄文化が栄えたのは1700年の前後か,1800年ごろか。  
 45 井原西鶴は町人の生活をありのままに(   )という小説に描いた。  
 46 装飾画を大成した人物は誰か。  
 47 「風神雷神図屏風」の作者は誰か。  
 48 松尾芭蕉の代表作は何か。  
  [綱吉の政治・正徳の治]
 49 江戸の湯島に孔子を祭る聖堂を建てて儒学を奨励した将軍は誰か。  
 50 幕府は儒学の中でも特に忠孝道徳を強調する(   )をすすめた。  
 51 各藩がつくった学校を何というか。  
 52 問(49)の将軍が出した動物愛護令は何か。  
 53 問(49)の将軍が財政悪化の対策として行ったことは何か。  
 54 問(53)の結果はどうなったか。  
 55 問(49)の将軍の後の第6,7代将軍に仕え,文治政治(ぶんちせいじ)を行ったのは誰か。  
 56 問(55)が長崎の貿易を制限したのは,何の海外流出をふせぐためか。  
 57 問(55)が行った政治を何というか。  
  [享保の改革]
 58 1716年に第8代将軍となったのは誰か。  
 59 問(58)の将軍が行った改革を何というか。  
 60 問(59)の改革で, 人々の意見を聞くために設置した投書箱を何というか。
 61 問(59)の改革で, 裁判の基準とするために作った法令集を何というか。
  [享保の改革]
 62 享保の改革を行った将軍は誰か。  
 63 幕府の財政を立て直すために具体的にどのようなことを行ったか。次の資料から分かることを書け。
    
 
 64 幕府の収入をふやすため,参勤交代で大名が江戸にいる期間を1年から半年に短縮するかわりに1万石につき100石の米を幕府におさめさせることとしたが,この制度を何というか。  
 65 公事方御定書とはどのようなものか,簡単に説明せよ。  
  [貨幣経済の広がり]
 66 貨幣経済の広がりによって起こった農村の変化を「貧富の差」「小作人」の2語を使って説明せよ。  
 67 材料や道具を農民に貸し,製品を買い取ることを,何工業というか。  
 68 19世紀にはいると,豊かな地主は,村内の小作人を作業所に集め道具をそろえて分業をさせるようになった。これを何というか。  
  [百姓一揆と打ちこわし]
 69 18世紀になると,団結した農民が,領主に年貢の軽減や不正な代官の交代などを要求して城下におし寄せるなどの行動を起こした。
これを何というか。
 
 70 都市の貧しい人々が団結して,米の買い占めをした商人に対しておこした暴動を何というか。  
 71 問(69)や(70)は,どのようなできごとのときに最も多く起こったか。
ひらがな3文字で答えよ。
 
  [百姓一揆と打ちこわし]
     
 72 上のグラフをみて,文中の①~④にあてはまる語句を答えよ。

百姓一揆の件数が,最初に年間30件をこえたのは,(  )の改革のあとである。
また,(  )のききんのときには,年間40件をこえ,(  )のききんのときは60件以上に達した。
百姓一揆は,村々の農民がこぞって城下などにおしかけ,集団の力を示しながら,(  )の軽減や不正な代官の交代などを要求するようになった。
 
 73  
 74  
 75  
 76 下の資料は,百姓一揆のとき,参加した人が署名したもので,一揆の中心人物がわからないように円形に署名がなされている。
これを何連判状と呼ぶか。
       
 
 77 江戸や大阪などの都市では,貧しい人々が,米の値段をつり上げる大商人をおそった。こうした行動を何というか。  
  [田沼の政治と寛政の改革]
 78 18世紀後半に老中になった人物で,蝦夷地の開拓や長崎貿易の拡大などで収入を増やして幕府財政の建て直しをはかろうとしたのは誰か。  
 79 問(78)の人物は同業の商工業者がつくる(  )を認めて営業を独占させるかわりに一定の税を納めさせて財政収入を増やそうとした。

しかし,その政治は,大商人と結びついたために(  )が横行した。
 
 80  
 81 18世紀後半,浅間山の大爆発がおこり,その火山灰の影響などで凶作が続き,大ききんがおこったが,このききんを何というか。  
 82 問(81)のききんによって百姓一揆や打ちこわしがおこり,その責任を取って田沼意次が失脚したが,その後,老中になって改革を行ったのは誰か。  
 83 問(82)の人物の行った改革を何というか。  
  [田沼の政治と寛政の改革]
 84 田沼意次は,現在の千葉県の(  )の干拓,この当時はまだ未開発のままだった(  )の開発,(  )での貿易の振興をすすめた。  
 85  
 86  
 87 田沼意次が失脚した後,松平定信が(   )になって改革に着手した。  
 88 松平定信は昌平坂学問所では,(   )以外の学問を禁止した。  
 89 寛政の改革の結果で正しいものを1つ記号で選べ。

ア わいろがさかんに行われた。
イ 幕府の収入が増加し一時的に財政は立ち直った。
ウ ぜいたくになりすぎた。
エ きびしすぎたため,失敗に終わった。
 
  [田沼の政治と寛政の改革]
       
 90 下線部aは,誰のことをさしているか。  
 91 下線部cは,誰のことをさしているか。  
 92 下線部bは,何がさかんに行われていたことをさしているか。  
 93 資料は,短歌の形を借りて,世相を風刺したものである。このようなものを何というか。  
 94 この資料は何という改革を風刺したものか。