日本史(一問一答式)

日本史(室町時代)  
 No 問題  解答ボタン 
  [建武の新政]
 1 鎌倉幕府を倒すために楠木正成など幕府に不満を持つ武士に呼びかけて兵をあげた天皇は誰か。
 2 幕府の有力な御家人で,幕府の命令にそむいて京都の六波羅探題を攻め落としたのは誰か。  
 3 鎌倉幕府の滅亡は何年か。
 4 問(2)らの力によって鎌倉幕府は滅び,天皇親政の政治改革が行われたが,これを何というか。  
  [建武の新政]
 5 鎌倉幕府への反感が強まるのを見て,後醍醐天皇は朝廷に実権を取りもどそうと考えた。
(   )などの新興武士や有力御家人の足利尊氏らが加わり,1333年ついに幕府を滅ぼした。

 6 建武の新政は,なぜ2年で失敗したのかを説明せよ。  
 7 建武の新政に対抗して兵を挙げた中心人物は誰か。  
 8 問(7)の人物にそむかれた後醍醐天皇はどこに逃げたか。

また,それは現在の何県か。
 
 9  
 10 問(7)の人物は,京都に新しい天皇をたてたが,この朝廷を何というか。  
 11 建武の新政が失敗に終わった後,約60年間戦乱が続いた。この戦乱の時代を何というか。  
  [室町幕府の成立・南北朝の動乱]
 12 征夷大将軍に任命されて,1338年に室町幕府を開いたのは誰か。  
 13 室町幕府で,鎌倉幕府の執権にあたるものは何か。  
 14 南北朝の争乱の中で,守護は次第に一国を支配する領主に成長していった。このような守護を何というか。  
  [室町幕府の成立・南北朝の動乱]
 15 足利尊氏によって開かれた幕府は何というか。  
 16 問(15)が成立したのは何年か。  
 17 管領の地位には,有力な(   )が交代でついた。  
 18 関東8か国のほか2か国を治める役所として置かれたものは何か。  
 19 南北朝の争乱は約何年間続いたか。次から選べ。
[ 40年 60年 80年 100年 ]
 
  [足利義満と日明貿易]
 20 14世紀末に南北朝は再び合一したが,そのときの将軍は誰か。  
 21 北九州や瀬戸内の武士などの中には,朝鮮半島や中国へ行き,貿易をおこなうだけでなく,ときには海賊となり,米などをうばい取っていた人々がいた。この人々を何というか。  
 22 正式の貿易船に下図のような合い札の証明書を持たせた貿易は何とよばれたか。
           
 
 23 問(22)の図のような合い札を何というか。  
 24 問(23)の合い札が用いられたのはなぜか,説明せよ。  
 25 問(22)の貿易を始めた将軍は誰か。  
 26 問(22)の貿易の相手国となった中国の王朝は何か。  
  
 27 3代将軍足利義満が建てた京都室町の御所は,何と呼ばれたか。  
 28 南北朝の合一は何年か。  
 29 勘合貿易の開始は何年か。  
 30 勘合貿易の主な輸入品は何か。1つあげよ。  
 31 勘合貿易で日本が中国に輸出したものを次から1つ選べ。
[ 銅銭 絹織物 銅 香辛料 ]
 
  [朝鮮・琉球王国・アイヌ民族]
 32 朝鮮半島では,1392年(  )が(  )をほろぼして(  )を建国した。

()では(  )という文字が作られた。

()も,日本に倭寇の取り締まりを求め,さらに貿易を求めてきたため,足利義満は(  )貿易を始めた。
 
 33  
 34  
 35  
 36  
 37 沖縄では,15世紀はじめに尚(しょう)氏が(  )を建て,(  )を首都とし,明・日本・朝鮮・東南アジア各地に進出して(  )貿易を行った。  
 38  
 39  
 40 室町時代のころ,現在の北海道で生活していた民族を何というか。  
  [産業の発達・村の自治]
 41 室町時代の農村の自治組織を何というか。  
 42 金融業を営んだ質屋は何と呼ばれたか。  
 43 商工業者は同業者ごとに何という組合を作ったか。  
 44 陸上の運送業者を1つあげよ。  
 45 室町時代,商業が活発になると(   )市が交通の要地や寺社の門前で月に6回開かれた。  
  [産業の発達・村の自治]
 46 室町時代,村ごとにつくられた自治的な組織を何というか。  
 47 麦などを裏作とする(  )が広まり,耕作のときに(  )や馬を使い,かんがいに(  )を使用することも多くなった。  
 48  
 49  
 50 桑,漆,茶などの(  )作物が栽培されるようになり,16世紀には(  )の栽培が始まった。  
 51  
 52 酒屋や土倉などはどのような仕事をしていたか。  
 53 取引に使われたお金にはどのようなものがあったか。2つあげよ。  
 54 寺社の門前の市が発達して(   )町ができた。  
 55 港町に倉庫をかまえ,年貢などの輸送・保管を行った運送業者を何というか。  
 56 朝廷,寺社などが通行料を取るために各地に設けたものは何か。  
 57 日明貿易で栄えた近畿地方の港町で商人を中心とした自治が行われた都市はどこか。  
 58 戦国時代,問(57)などでは自治が行われたが,その中心となった有力商人を何というか。  
  [土一揆・応仁の乱など]
 59 近江の馬借や京都の農民が1428年におこした土一揆は何か。  
 60 問(59)を起こした農民などが幕府に対して要求したことは何か。
 61 15世紀後半,細川氏と山名氏の権力争いに将軍や管領家の相続争いが結びついて,11年間も京都での争いが続いた。
この争いを何というか。

 62 問(61)の乱後,戦乱は全国に広がり約 100年も続いた。この戦乱の時代を何というか。  
 63 1485年,京都南部の村々は,地侍を中心としてまとまりを強めて守護大名の畠山氏を追い出して8年間自治を行った。
この事件を何というか。
 
 64 15世紀後半,加賀の一向宗の信徒が守護を攻め滅ぼし,約 100年間自治を続け,「百姓の持ちたる国」とよばれた。
この事件を何というか。
 
  [土一揆・応仁の乱など]
 65 惣を中心に団結を固めた農民が,年貢の軽減などを要求しておこした一揆が発生した。これを何というか。  
 66 近江の馬借や京都の農民が中心となった正長の問(65)は何年か。  
 67 応仁の乱が始まったのは何年か。  
 68 第6代将軍義教の死後,幕府では(   )大名間の勢力争いがおこり,細川氏と山名氏が将軍のあとつぎ問題をめぐって対立し,応仁の乱が起こった。  
 69 応仁の乱の時期の室町幕府の将軍を答えよ。  
 70 山城の国一揆が起こった山城の国は,現在の都道府県名ではどこにあたるか。  
 71 加賀の一向一揆は何年におこったか。  
 72 加賀で起きた一揆に関係の深い宗派は何か。  
  [下剋上・戦国大名]
 73 大名の家来が実力をのばして大名の地位を奪うようになったが,下の身分の者が上の者を倒すことを何というか。  
 74 実力で領国を支配するようになった大名を何というか。  
 75 問(74)が領国統治のために制定した法令を何というか。  
   [下剋上・戦国大名]
 76 下剋上とはどのようなことか。簡単に書け。  
 77 戦国大名は,城下に家来を集め,商工業者をよびあつめて(   )町をつくった。  
 78 戦国大名の保護のもとで博多の商人によって開発された現在の島根県にある銀山は何か。  
  [北山文化と東山文化]
 79 第3代将軍の足利義満が建てた別荘で,金箔を用いた豪華絢爛な寝殿造りになっている建築物は何か。  
 80 次の写真の建物の名を書け。
また,この建物が建てられたころ栄えた文化を何と呼ぶか。
  
 
 81  
 82 問(80)の建築物は,右上図のような造りになっており,今日の住居のもとになっているといわれている。何という造りか。  
  [北山文化と東山文化]
 83 金閣をつくった将軍は誰か。  
 84 問(83)の人物の時代の文化を何文化というか。  
 85 応仁の乱をよそに,京都の東山に銀閣を建てた将軍は誰か。  
 86 室町時代の文化の特色を,「武家」「公家」「禅宗」の3つの語句を使って書け。  
  [能・水墨画など]
 87 田植えなどの際の芸能は,ある芸能に大成された。この芸能を何というか。  
 88 「浦島太郎」や「物臭太郎」などの話をもとにした絵本を何というか。  
 89 和紙に墨一色の濃淡で描く画を何というか。

また,それを大成した人物は誰か。
 
 90  
  [能・水墨画など]
 91 能を大成したのは誰か。2人あげよ。  
 92 能のあいまに演じられた喜劇は何か。  
 93 和歌の上の句と下の句をつないでいく文学は何か。  
 94 地方武士や都市有力者は,子どもに(   )で教育を受けさせた。  
 95 上杉氏は(   )学校を保護した。  
 96 農民より一段低い身分とみられていた人々の間からも優れた芸能や技術で文化を向上させる者も出た。
荘園などに住み公家や寺社に奉仕した散所や,河川近くに住み芸能や庭園工事に従事した(   )などがいる。