日本地理(一問一答式)

日本の諸地域(九州地方)  
 No 問題  解答ボタン 
 [県名・都市]
        
 1 図のの県名と県庁所在都市名を書け。
 2 図のの県名と県庁所在都市名を書け。  
 3 図のの県名と県庁所在都市名を書け。
 4 図のの県名と県庁所在都市名を書け。  
 5 図のの県名と県庁所在都市名を書け。
 6 図のの県名と県庁所在都市名を書け。  
 7 図のの県名と県庁所在都市名を書け。  
 8 図に示されていない九州地方の県の名前と県庁所在都市の名前を書け。  
  [県名・都市]
        
 9 九州の中心である県の県庁所在地をa~dから選び,

①記号と,②都市名を答えよ。
 
 10  
 11 問(9,10)のような地方の中心となる都市を何というか。  
 12 2011年には,問(9,10)にある博多駅と鹿児島駅を1時間19分で結ぶ(  )が開通した。
また,九州では(  )道路を使った()バスが発達している。
 
 13  
  [地形]
       
 14 上の地図中のAの山の名前を答えよ。  
 15 Aは火山の噴火で溶岩が吹き出したあとにできたくぼんだ地形をしている。
その地形を何というか。カタカナ4文字で答えよ。
 
 16 地図中のBには,火山の噴出物が積み重なった地層が広がっている。これを何というか。  
 17 九州には火山が多い。火山活動による恵みといえるものを次から2つ選べ。
[ 地震 温泉 火力発電 地熱発電 ]
 
  [地形]
      
 18 図のAの地形名を答えよ。  
 19 図のBの地形名を答えよ。  
 20 図のCの地形名を答えよ。  
 21 図のDの地形名を答えよ。  
 22 図のEの地形名を答えよ。  
 23 図のFの地形名を答えよ。  
 24 図のGの地形名を答えよ。  
 25 図のHの地形名を答えよ。  
 26 図のIの地形名を答えよ。  
 27 図のJの地形名を答えよ。  
 28 図のKの地形名を答えよ。  
  [気候など]
        
 29 九州の気候を温暖にしている地図中のAの海流名を答えよ。  
 30 九州の気候を温暖にしている地図中のBの海流名を答えよ。  
 31 九州地方は梅雨から秋の時期に降水量が多くなっている。
秋の時期に雨が多いのは,九州が(   )の通り道になっているためである。
 
 32 南西諸島(沖縄など)は,気候区分でいうと(  )性の気候に属している。
海水が温かくきれいなこの地域の海底には(  )が発達している。
 
 33  
 34 沖縄は(  )王国時代の独特の文化が人気を集め,多くの観光客を集めている。
また,沖縄には現在でも(  )の軍事基地が置かれており,島の面積の約2割をしめている。
沖縄では()軍の基地で働く人や観光産業に従事する人が多いため,第(  )次産業の割合が高い。
 
 35  
 36  
 37 屋久島では,自然を体験し,学ぶとともに,対象となる地域の自然環境の保全に責任をもつ観光を目指している。このような新しい取り組みを何というか。  
  [農業]
        
 38 地図中Aのシラスが広がる地域でさかんな農業を次の[  ]内から2つ選べ。
[ 畑作 酪農 稲作 畜産 ]
 
 39 問(38)で選んだ農業がさかんな理由を,「水持ち」「稲作」という語句を用いて簡潔に説明せよ。  
 40 地図中Bの宮崎平野では,冬でも温暖な気候を利用して,ビニールハウスで野菜をつくり,出荷時期を早める栽培方法をとっている。
このような栽培方法を何というか。
 
 41 問(40)のような方法による野菜栽培がさかんに行われている経済的な理由は何か。
「価格」「出荷」という語句を使って簡潔に説明せよ。
 
 42 Bの平野で収穫される全国1~2位の農産品は何か。次から2つ選べ。
[ きゅうり キャベツ ピーマン レタス ]
 
 43 Cの筑紫平野では,1年の間に(  )と麦など2種類の農作物を同じ耕地で栽培している。この栽培方法を(  )という。  
 44  
 45 九州の山がちな地域では下の写真のような形で稲作が行われている。
このような田を何というか。漢字2字で答えよ。
    
 
 46 南西諸島などの沖縄には,亜熱帯性の気候をいかして特産品となっている農作物がある。
この農作物を次の[  ]から2つ選べ。
[ さとうきび てんさい びわ じゃがいも パイナップル ]
 
  [工業]
        
 47 地図中Xの工業地域を何というか。  
 48 問(47)は,1901年に建設された官営の製鉄所がもとになっている。この製鉄所名を書け。  
 49 問(48)の製鉄所の立地条件となった炭田名,当時の鉄鉱石の輸入先を書け。  
 50  
 51 1960年代以降,エネルギー源が石炭から(  )にかわる(  )が進み,Xの地域の鉄鋼生産が大幅に減少した。  
 52  
 53 問(51,52)の後,鉄鋼業から機械工業への転換が進んだ。
福岡県の苅田(かんだ)町や宮若市には(  )工場がつくられた。

また,九州各県の空港や高速道路ぞいには(  )と呼ばれる集積回路の工場がつくられた。
 
 54  
  [豪雨による被害]
      
 55 火山が多い九州の多くの地域には,水がしみこみ(やす/にく)く,もろい性質の地層が広がっている。
豪雨が続くと,斜面はくずれやすくなり,(  )くずれを引き起こすことがある。
そこで,これらの地域では,河川の上流に土砂や木の流出を防ぐために,上図のような(  )を建設している。
また,間伐や(  )をおこなうなど,山林に計画的に人の手を入れることによって,森の保水力を高める取り組みも展開されている。
 
 56  
 57  
 58  
  [工業化・都市化と環境問題]
       
 59 上図のAは何市か。  
 60 A市で発生した公害病の名前を答えよ。
 61 問(60)の原因となった物質名を答えよ。
 62 問(60)の教訓をいかし,住民たちがきめ細かいゴミの分別やリサイクルなどの環境運動に取り組んだ結果,2008年に,Cの都市とともに国から(   )都市に指定された。  
 63 図Bの福岡市は都市化が進み舗装道路が多いため,大雨のとき雨が一気に川へ流れ出るためどのような被害が起こりやすいか。漢字2字で答えよ。  
 64 問(63)に対して,福岡市は地下に(  )施設をつくり,雨水をためるなどの対策がとられている。
また,被害の範囲や程度を予想した(  )マップを作成し,市民の()意識を高めるように働きかけている。
 
 65  
 66 Bの福岡市などの大都市では,自動車やエアコンから出る熱や,立ち並ぶ高層ビル群で風通しが悪くなることが原因となって,都心部の気温が周囲よりも高くなる現象が起きている。これを何現象というか。  
 67 問(66)に対し,都心部の気温を下げるために,ビルの壁面や屋上を使って福岡市が進めていることは何か。漢字2字で答えよ。  
 68 Cの北九州市では,廃棄物の処理やリサイクルなどの工場を旧製鉄所跡地に集めて(   )タウンをつくった。  
 69 北九州市の問(68)の構想は,資源を循環させる産業を育てることで,未来に生きる人々によりよい社会を伝え残していこうとする取り組みである。このような社会を何というか。