自然科学 地学
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No1 自然科学(星) 季節変化
問1 (1) 下のグラフは,ある地点で観測した1年間の太陽の南中高度の変化を表にしたものである。

  

太陽の南中高度がもっとも高くなっている日(B点)を何というか。

答え:
(2) 上図の右図は,黒くぬった試験管に水を入れ,水平な地面の上において,水の温度変化を記録しているところである。
この装置を使い,1年を通して一定時間に太陽から受ける熱の量を測定した。
もっとも水の温度が上がるのは,グラフのA点~D点のどのときか。

答え:
A B C D
問2 (1) 次の場合の太陽の南中高度を求めよ。

秋分の日,北緯40°の地点

答え:
(2) 次の場合の太陽の南中高度を求めよ。

夏至の日,北緯35°の地点

答え:
(3) 次の場合の太陽の南中高度を求めよ。

冬至の日,北緯23.4°の地点

答え:
(4) 次の場合の太陽の南中高度を求めよ。

夏至の日,北極点

答え:
問3 (1) 図1のように太陽電池と電子オルゴールによって,光のあたる角度と電子オルゴールの音の大きさとの関係を調べた。



Aの方向から光をあてた場合,太陽電池を日本の位置にとりつけたときと,赤道にとりつけたときでは,どちらが電子オルゴールの音が大きいか。

答え:
日本の位置 赤道
(2) 日本の位置に太陽電池をとりつけた場合,A,Bいずれの方向から光をあてたら,電子オルゴールの音は大きいか。
ただし,太陽電池は光の方向に向けるものとする。

答え:
A B
(3) Bの方向から光をあてるのは,日本の四季のどの季節を表すことになるか。

答え:
(4) 図2をもとに,Aの方向から光をあてたときの,光と太陽電池の角度アを求めよ。

答え: