自然科学 化学
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No1 自然科学(化学) 化学変化と質量
問1 (1) 下の図のように,炭酸水素ナトリウムとうすい塩酸を別々の容器に入れ,ふたをして密閉し,全体の質量をはかったら85.0gであった。
その後,次の2つの実験を行った。



[実験1]
図の容器をかたむけて, 2つの薬品を反応させたところ,気体が発生した。
 反応が終わってから,容器全体の質量をはかりなおした

[実験2]
実験1の後,容器のふたをゆるめてから,容器全体の質量をはかったところ84.7gあった。

実験1の下線部の質量は何gか。(小数点1位まで)

答え: g
(2) 実験2の下線部で,どのような現象が見られたか。次のア~エから1つ選べ。

 白いけむりが出た。

 ポッという音がして気体が燃えた。

 シューという音がした。

 何も変化がなかった。

答え:
(3) 実験1から,化学変化の前後で,その変化に関係している物質全体の質量は変わらないことがわかる。
これを何の法則というか。

答え:
(4) 問題3のようなことが成り立つのは,化学変化の前後で物質をつくる原子の組み合わせは変わるが,反応に関係する物質の原子の種類と(  )は変わらないためである。

にあてはまる語を書け。

答え:
問2 (1) 下図のように,炭酸水素ナトリウムとうすい塩酸を別々の容器に入れて密閉し,全体の質量を測定したら,58.9gでした。



容器を密閉したまま容器を傾けて炭酸水素ナトリウムと塩酸とを反応させると,全体の質量は何gになりますか。(小数点1位まで)

答え: g
(2) 容器のふたをゆるめると,全体の質量は58.5gになりました。
容器の外に逃げた気体の質量は何gですか。(小数点1位まで)

答え: g
問3 (1) 下図のAではステンレスの皿の上で銅粉を加熱し,Bでは密閉したフラスコ内で銅粉を加熱し,化学変化の前後の質量変化を調べた。



Aの反応後の質量は,反応前の質量と比べてどうなるか。

答え:
増加する 減少する 変化しない
(2) Bのように密閉したフラスコの中で実験を行うと,反応後の質量は反応前と比べてどうなるか。

答え:
増加する 減少する 変化しない
(3) (2)のようになることを何の法則というか。

答え:
(4) 質量保存の法則は状態変化ではあてはまるか。

答え:
当てはまる 当てはまらない