動画で学ぶ「標準教科書 2021」(253個・506分)


スマートフォンはこちらから → https://www.cloud.ellipse.ne.jp/douga/LT2021.html



AutoCAD/LT 2021 の 新機能動画(7個)はこちらから → LT2021NEW.html


AutoCAD LT 2021 標準教科書 (246個) 


リファレンス


 第1部 機能編(項目別)

基本操作
ページ 項目 動画
第1部 1章  メニュー 動画ファイル名

スタート画面
P2

AutoCAD LTを起動したときのスタート画面の説明。 P2.mp4

新規テンプレート
P33

新規テンプレートに自社のテンプレートを使用する。 P33.mp4

リボンメニュー
P10

リボンメニュー、プルダウンメニューの説明。 P10.mp4

グリップ
P28

ショートカット、グリップの説明。 P28.mp4


コマンドライン
P15



コマンドラインの説明。

P15.mp4

コマンドラインに数式を使う。

P15-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 2章 3章  ステータスバー 動画ファイル名

グリッド
P84

グリッド表示を図面範囲に設定。 P84.mp4


オブジェクト スナップ
P48



オブジェクトスナップの設定。

P48.mp4

オブジェクトスナップの利用。(図心・2点間中点・基点設定

P48-1.mp4


ダイナミック入力
P86 、P87



ダイナミック入力のポインタの入力を使う。

P86.mp4

ダイナミック入力の寸法の入力を使う。

P87.mp4


極トラッキング
P88



極トラッキングの設定。

P88.mp4

極トラッキングの利用。

P88-1.mp4


オブジェクト トラッキング
P89



オブジェクト スナップ トラッキングを使う。

P89.mp4

点フィルターを使う。

P89-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 1章 2章  ズーム・画面移動 動画ファイル名

キーボード
P52

キーボードから、ズームを行います。 P52.mp4

ホイールボタン
P15

マウスのホイールボタンを使って、ズームと画面移動を行います。 P15-2.mp4

ナビゲーションホイール
P56

ナビゲーションバーの2Dホイールを使って、ズームと画面移動を行います。 P56.mp4
ページ 項目 動画
第1部 2章  座標入力 動画ファイル名

ダイナミック入力を使わない
P43

ダイナミック入力を使わずに、入力します。 P43.mp4

ダイナミック入力を使う
P44

ダイナミック入力を使って、入力します。 P44.mp4

直接距離入力
P45

距離だけを指定します。(直交モード・極トラッキング) P45.mp4
ページ 項目 動画
第1部 3章 4章 6章 選択方法 動画ファイル名

マウス選択
P226

マウスで、目的のオブジェクトを選択します。 P226.mp4

クイック選択
P132

プロパティ管理から、目的のオブジェクトを選択します。 P132.mp4

類似オブジェクト
P136

類似設定に従って、目的のオブジェクトを選択します。 P136.mp4

選択の循環
P94

選択の循環の機能を使って、目的のオブジェクトを選択します。 P94.mp4
ページ 項目 動画
第1部 4章 グループ 動画ファイル名

グループ
P146

名前のないグループを作成します。 P146.mp4

グループ管理
P147

名前の付いたグループを作成します。 P147.mp4
ページ 項目 動画
第1部 2章 ビュー 動画ファイル名

モデルビューポート
P58

画面を分割して表示します。 P58.mp4

名前の付いたビュー
(未記載)

名前の付いたビューを作成します。 P58-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 3章 表示順序 動画ファイル名

表示順序
P148

窓を壁の上に表示して、見えやすくします。 P148.mp4
ページ 項目 動画
第1部 2章 UCS 動画ファイル名

UCS(原点)
P62

XYZを平行移動します。 P62.mp4

UCS(オブジェクト)
P63

選択した線分をX軸にします。 P63.mp4

UCS(ビュー)
P64

ユーザーの視点方向をZ軸の正の方向にします。 P64.mp4

UCS(3点)
P65

原点とX軸、Y軸の正の方向を指示します。 P65.mp4
ページ 項目 動画
第1部 4章  図面管理 動画ファイル名

名前変更
P152

ブロックなどのオブジェクトや画層などの非オブジェクトの名前を変更します。 P152.mp4

名前削除
P153

不必要なオブジェクトを図面内から削除します。 P153.mp4
ページ 項目 動画
第1部 3章 画層管理 動画ファイル名

画層の新規作成
P96

画層を新規作成します。 P96-1.mp4

画層の初期値
P96

新規図面の0画層と寸法を記入したときに作られるDefpoints画層に関して。 P96.mp4

画層の削除
P98

使用していない画層を削除します。 P98.mp4

画層の合成
P98

2つの画層を合成します。 P98-1.mp4

画層の非表示と再表示
P99

特定の画層の非表示と再表示の方法。 P99-1.mp4

画層のオフとロック
P99

画層のオン・オフとロック・ロック解除の違いについて。 P99.mp4

画層のオフとフリーズ
P99

画層のオン・オフとフリーズ・フリーズ解除の違いについて。 P99-2.mp4

画層状態
(未記載)

現在の画層の状態を名前を付けて保存します。 P99-6.mp4



画層のフィルタ
(未記載)



 

使用している画層と使用していない画層をフィルターします。

P99-3.mp4

指定した複数の画層にフィルター名を付けて、画層グループを作成します。

P99-4.mp4

指定した複数の画層にグループ名を付けて、画層グループを作成します。

P99-5.mp4
ページ 項目 動画
第1部 3章 線種管理 動画ファイル名

線種管理
P101

全体の線種尺度と現在の線種尺度の違いについて。 P101-1.mp4

線種の尺度
P101

レイアウト空間の一点鎖線が実線に見えるのを解消します。 P101.mp4
ページ 項目 動画
第1部 この2つの違いは何? 動画ファイル名

印刷スタイル
P33

色従属印刷スタイル VS 名前の付いた印刷スタイル Q01.mp4

作図空間
P8

モデル空間 VS レイアウト空間 Q02.mp4

座標系
P62

ワールド座標系 VS ユーザー座標系 Q03.mp4

座標入力
P46

絶対座標入力 VS 相対座標入力 Q04.mp4

スナップ
P48 , P85

スナップ VS オブジェクト スナップ Q05.mp4

画層
P99

画層の非表示 VS 画層のロック Q06.mp4

再描画、再作図
(未記載)

再描画 VS 再作図 Q07.mp4

ツールパレット
P140

デザインセンター VS ツールパレット Q09.mp4

貼り付け
P150

貼り付け VS ブロックとして貼り付け Q08.mp4

図面を全保存
P39

名前を付けて保存 VS ブロック書き出し Q10.mp4

グループ
P146

ブロック VS グループ Q11.mp4

表題欄
P194 , P209

フィールド VS ブロック定義 Q13.mp4

ブロック作成
P193

ByLayer VS ByBlock Q12.mp4

個別機能
ページ 項目 動画
第1部 5章 作成コマンドのオプション 動画ファイル名

線分
P172

線分(円弧の端に接する線分) P172.mp4

放射線
P174

放射線(極トラッキングの利用) P174.mp4


構築線
P173



構築線のオプション(水平・垂直・角度・2等分・オフセット)

P173.mp4

構築線のオプション(2等分・オフセット<隅切り>)

P173-1.mp4

ポリライン
P176

ポリラインのオプション(頂点の追加と除去) P176.mp4


スプライン
P175



スプライン フィットのオプション(許容差)

P175-1.mp4

スプライン 制御点のオプション(次数)

P175-2.mp4


P178

(2本の線分の端に接する円) P178.mp4

円弧
P181

円弧(2本の線分の端に接する円弧) P181mp4

ディバイダ
P190

ディバイダのオプション(ブロック) P190.mp4

計測
P191

計測のオプション(ブロック) P191.mp4
ページ 項目 動画
第1部 6章 編集コマンドのオプション 動画ファイル名


フィレット
P232



フィレットのオプション(ポリライン・複数・Shift)

P232.mp4

フィレット(裏ワザ)

P232-1.mp4


面取り
P233



面取りのオプション(ポリライン・複数・Shift)

P233.mp4

面取りのオプション(トリム・非トリム)

P233-1.mp4

トリム
P238

トリムのオプション(2021版新機能) P238.mp4

延長
P239

延長のオプション(2021版新機能) P239.mp4

複写
P229

複写のオプション(配列・フィット) P229.mp4

鏡像 + 結合
P235 + P241

鏡像のオプション(元のオブジェクトを残す)+ 結合(まとめて結合) P235.mp4

部分削除
P240

部分削除(2020版と2021版の比較) P240.mp4

結合
P241

結合のオプション閉じる) P241.mp4

重複オブジェクトを削除
(未記載)

重複オブジェクトを削除1本化) P235-1.mp4


回転
P234



回転のオプション(参照)

P234.mp4

回転(グリップの利用

P234-1.mp4



尺度変更
P236




尺度変更のオプション(参照)

P236.mp4

尺度変更のオプション(参照<隅切り>)

P236-1.mp4

尺度変更のオプション(コピー)

P236-2.mp4

変更
P243

変更のオプション(同一点) P243.mp4



オフセット
P237




オフセットのオプション(画層)

P237.mp4

オフセットのオプション(通過点)

P237-1.mp4

オフセットのオプション(一括)

P237-2.mp4

ブレンド曲線
(未記載)

ブレンド曲線のオプション(連続性) P175-3.mp4
ページ 項目 動画
第1部 6章 配列複写 動画ファイル名

矩形状配列
P246

ブロックを縦横に配列複写します。 P246.mp4

円形状配列
P248

ブロックを円形状に配列複写します。 P248.mp4

パス配列
P250

ブロックをパスにそって配列複写します。 P250.mp4

オブジェクトの変更
P253

配列複写したオブジェクトを個別に編集します。 P253.mp4

ソースを編集
P254

配列複写したオブジェクト全体を編集します。 P254.mp4

ソースを置換
P255

配列複写したオブジェクトの一部を他のブロックと入れ換えます。 P255.mp4
ページ 項目 動画
第1部 9章 ダイナミック ブロック 動画ファイル名

尺度変更
P330

M30のブロックをダイナミック ブロックに変換します。 P330.mp4

配列複写
P338

ブロックがマウスで横方向に配列複写されます。 P338.mp4

XY配列複写
P342

ブロックがマウスで横方向と縦方向に配列複写されます。 P342.mp4

反転
P346

ブロックがマウスで反転されます。 P346.mp4


ストレッチ
P350



ブロックがマウスでストレッチされます。

P350.mp4

ブロックが増分とリストでストレッチされます。

P354.mp4

ルックアップ
P356

ブロックが一覧表からストレッチできます。 P356.mp4

可視性
P360

三つのブロックを順番に表示します。 P360.mp4

回転
(未記載)

ブロックがマウスで回転されます。 P355-1.mp4

位置合わせ
(未記載)

ブロックを他のオブジェクトに位置合わせできます。 P355-2.mp4
ページ 項目 動画
第1部 5章 & 6章 ブロック 動画ファイル名

ブロック作成
P193

複数のオブジェクトを1つのブロックにします。 P193.mp4


ブロック基点
P193



ブロックの基点を変更します。

P193-4.mp4

ブロック挿入時に、一時的に基点を変更します。

P193-5.mp4


ブロック書き出し
P193



すでに図面内にあるブロックを、外部に新しい図面として保存します。

P193-1.mp4

図面内にある複数のオブジェクトを、外部に新しい図面として保存します。

P193-3.mp4

図面全体を書き出し
P193

図面全体を外部に新しい図面として保存します。 P193-2.mp4

ブロック編集
P258

ブロック図形を編集します。 P258.mp4
ページ 項目 動画
第1部 5章 & 6章 ブロック属性 動画ファイル名

属性定義
P194

ブロック図形に属性を付加します。 P194.mp4


属性管理
P196



定義した属性を管理します。

P196.mp4

定義した属性の色を変更します。

P196-1.mp4

属性編集
P260

定義した属性値を編集します。 P260.mp4

属性編集
P261

定義した属性を属性同期を使って、同時に変更します。 P261.mp4
ページ 項目 動画
第1部 5章 フィールド 動画ファイル名

日付
P220

表題欄の日付にフィールド文字を付加します。 P220.mp4

表題欄
P224

表題欄のタイトルにフィールド文字を付加します。 P224.mp4

レイアウトの尺度
P222

レイアウトの尺度にフィールド文字を付加します。 P222.mp4

土地面積の変更
(未記載)

土地の面積をフィールド文字で記入します。 P222-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 5章 動画ファイル名

合計
P219

表に記入されたセルの合計を計算します。 P219-1.mp4

ブロック名挿入
P219

表のセルにブロック名を挿入します。 P219-2.mp4

ブロック絵挿入
P219

表のセルにブロック絵を挿入します。 P219-3.mp4
ページ 項目 動画
第1部 8章 外部参照 動画ファイル名


外部参照の挿入
P310



他の図面を外部参照として挿入します。

P310.mp4

挿入した外部参照図の必要な部分だけ表示します。

P311-2.mp4

外部参照パレット
P311

外部参照パレットを使って、図面内にバインドします。 P311.mp4

インプレイス編集
P312

図面内にある外部参照図形を、直接編集します。 P312.mp4

挿入した図面の編集
2021新機能

図面内に挿入した外部参照図を開いて編集します。 P312-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 4章  図面比較・図面履歴 動画ファイル名

図面比較
P162

異なる図面の相違箇所をハイライト表示します。 P162.mp4

図面履歴
2021新機能

同じ図面において、作成日時や設計者間の相違箇所をハイライト表示します。 P162-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 8章 PDF読み込み 動画ファイル名

PDF読み込み
P319

図面内にPDFを挿入します。 P319.mp4

PDFをクリップ
P320

図面内のPDFの一部をクリッピングします。 P320.mp4

PDFアンダーレイ
P321

図面内のPDFの画層の表示をコントロールします。 P321.mp4
ページ 項目 動画
第1部 8章 イメージ 動画ファイル名

アタッチ
P314

イメージ(画像)を挿入します。 P314.mp4

調整
P316

イメージ(画像)の調整(明るさ・コントラスト・フェード)を行います。 P316.mp4
ページ 項目 動画
第1部 5章 & 6章 ハッチング 動画ファイル名

ハッチングをカット
P202

ハッチングを任意のカット線を使い、片方をトリムします。 P202.mp4

ハッチングの基点を指定
P202

ハッチング作成の基点を指定します。 P202-1.mp4

背景色を追加
P207

ハッチングの後ろに背景色を追加します。 P207.mp4

ハッチング境界を作成
P267

ハッチングの中に、新たな境界を作成します。 P267.mp4

ハッチングを分離
P489

離れたハッチングを分離します。 P489.mp4
ページ 項目 動画
第1部 5章 & 6章 文字記入 動画ファイル名

フォントスタイル
P104

CAD用のフォントとTrueTypeのフォントの違いについて。 P104.mp4

縦文字
P104

横文字を縦文字に変更します。 P104-1.mp4

角度のある文字
P208

線分と平行に文字を記入します。 P208.mp4

文字画層を指定
(未記載)

文字を作成する画層を指定します。 P209.mp4
ページ 項目 動画
第1部 6章 マルチテキスト 動画ファイル名

文字にマスク
P264

マルチテキストの下にマスクを配置します。 P264.mp4

1行文字をマルチに
P265

ダイナミック文字をマルチテキストに変換します。 P265.mp4

文字枠を作成
P265

マルチテキストに文字枠を作成します。 P265-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 7章 寸法 動画ファイル名

クイック寸法
P274

クイック寸法を使い、直列寸法や並列寸法、円の寸法を自動で作成します。 P274.mp4

直列寸法
P284

直列寸法を作成します。 P284.mp4

並列寸法
P285

並列寸法を作成します。 P285.mp4

座標寸法
P283

座標寸法を直列で作成します。 P283.mp4

グリップ編集
P296

グリップ機能を使って、矢印の向きや寸法値の位置を変更します。 P296.mp4

寸法マスク
P298

交差している寸法補助線の一部をカットします。 P298.mp4

円の直径記号
P279

円の直径記号を削除します。長さ寸法に円の直径記号を付加します。 P279.mp4

円の直径記号だけ削除
P279

円の直径記号だけを削除する寸法スタイルを作成します。 P279-1.mp4

寸法補助線の長さ
P106

寸法補助線の長さを揃えます。 P106.mp4

寸法位置更新
(未記載)

寸法値の位置や数値が変更になったときに、自動で位置と数値を更新します。 P296-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 7章 マルチ引出線 動画ファイル名

マルチ引出線の設定
P290

ネジ注記用と面取り注記用の設定を行います。 P290.mp4

マルチ引出線(機械系)
P293

機械系のバルーンの設定と作成を行います。 P293-1.mp4


マルチ引出線(編集)
P293



作成したバルーンを水平に揃えます。

P293-2.mp4

バルーンの追加と削除を行います。

P293-3.mp4

マルチ引出線(建築系)
P293

建築系の通り芯記号の設定と作成を行います。 P293-4.mp4
ページ 項目 動画
第1部 7章 幾何公差 動画ファイル名

幾何公差
P287

幾何公差を作成します。 P287.mp4

データム
P295

データムを作成します。 P295.mp4
ページ 項目 動画
第1部 3章 寸法公差 動画ファイル名

寸法公差
P108

寸法公差を作成します。 P108.mp4

寸法公差
P108

寸法値を2段にします。 P108-1.mp4
ページ 項目 動画
第1部 7章 中心マーク・中心線 動画ファイル名

中心マーク
P288

中心マークを作成します。 P288.mp4

中心線
P289

中心線を作成します。 P289.mp4
ページ 項目 動画
第1部 4章 図形情報 動画ファイル名

距離計算
P154

複数の点間距離の合計を計算します。 P154.mp4


面積計算
P158 , P159



土地の面積を計算します。

P158.mp4

区画の面積から池の面積を引き算します。

P159.mp4

クイック計測
(未記載)

区画の長さや角度、面積を計算します。 P159-1.mp4

位置表示
P160

オブジェクトの座標を取得します。 P160.mp4
ページ 項目 動画
第1部 10章 レイアウト 動画ファイル名

複数のレイアウト
P373

レイアウト空間に複数のレイアウトを配置します。 P373.mp4

モデル空間のビューを使う
P373

モデル空間で作成したビューを、レイアウトに配置します。 P373-1.mp4

レイアウトをロック
P374

レイアウトのビューポートをロックします。 P374.mp4

異尺度対応寸法
P390

非異尺度対応の寸法を異尺度対応の寸法に変換します。 P390.mp4

1つに異尺度を追加
P392

1つの寸法に異尺度を追加します。 P392.mp4

全てに異尺度を追加
P394

全ての寸法に異尺度を追加します。 P394.mp4

尺度の削除と追加
P398

尺度の削除と追加の方法。 P398.mp4
ページ 項目 動画
第1部 4章 ツールパレット 動画ファイル名

パレットの作成
P140

パレットの新規作成と削除。 P140-1.mp4

オブジェクトの追加
P141

パレットにオブジェクトを登録します。 P140-2.mp4

パレットの書き出し
P141

パレットを外部に書き出します。 P140-3.mp4

パレットの読み込み
P141

外部にあるパレットを読み込みます。 P140-4.mp4

グループの新規作成
P141

パレット グループを新規に作成して、現在に設定します。 P140-5.mp4

グループの書き出し
P141

パレット グループを外部に書き出します。 P140-6.mp4

グループの読み込み
P141

外部にあるパレット グループを読み込みます。 P140-7.mp4

パレットの場所を指定
P141

ツールパレットの保存場所を指定します。 P140-8.mp4
出力機能
ページ 項目 動画
第1部 8章  保存形式 動画ファイル名

DXFで保存
P322

図面の一部分をDXFで保存します。 P322.mp4

バージョンを変換
P39

DWGのバージョンを変換して保存します。 P39.mp4

PDFで保存
P318

図面をPDFで保存します。 P318.mp4
ページ 項目 動画
第1部 3章  印刷設定 動画ファイル名


印刷
P114 , P115



モデル空間の図面を印刷します。

P114.mp4

レイアウト空間に配置した図面を印刷します。

P115.mp4



チュートリアル


 第2部 製図編(分野別)

ページ 項目 動画
第2部 1章 新規図面 動画ファイル名

2つの印刷スタイル
P400

色従属印刷スタイルと名前の付いた印刷スタイルの相違。 P400.mp4

既存の図面を使う
P400

既存の図面をテンプレートとして利用します。 P400-1.mp4

デザインセンターを使う
P410

デザインセンターを使って、他の図面の設定をコピーします。 P410.mp4
ページ 項目 動画
第2部 1章 図枠挿入 動画ファイル名

ブロック挿入
P418

図面にある図枠のブロックを挿入します。 P418.mp4

デザインセンター
P308

デザインセンターから図枠のブロックを挿入します。 P308.mp4

ツールパレット
P309

ツールパレットから図枠のブロックを挿入します。 P309.mp4

外部参照
P310

外部参照から図枠のブロックを挿入します。 P310-1.mp4

テンプレート
(未記載)

他のテンプレートにあるレイアウトをコピーします。 P311-1.mp4
ページ 項目 動画
第2部 2章 建築図面用テンプレート 動画ファイル名

図面範囲
P421

建築図面用の図面範囲を指定します。 P421.mp4

画層作成
P422

建築図面用の画層を作成します。 P422.mp4

文字スタイル作成
P423

建築図面用の文字スタイルを作成します。 P423.mp4

寸法スタイル作成
P424

建築図面用の寸法スタイルを作成します。 P424.mp4

その他の設定
P426

建築図面用の単位と線種の尺度を設定します。 P426.mp4

タイトル文字記入
P428

図枠内にタイトル文字を作成します。 P428.mp4

表題欄を保存
P429

モデル空間で作図した表題欄を保存します。 P429.mp4

表題欄をブロック登録
P431

モデル空間で作図した表題欄をブロック登録します。 P431.mp4

図枠の配置
P432

レイアウト空間に表題欄のブロックを配置します。 P432.mp4
ページ 項目 動画
第2部 3章 建築図面 動画ファイル名

通り芯
P436

通り芯を作成します。 P436.mp4

通し柱
P438

通し柱を作成します。 P438.mp4


P440

壁を作成します。 P440.mp4


P442

扉をブロック挿入します。 P442.mp4


P444

窓をブロック挿入します。 P444.mp4

家具
P446

家具をブロック挿入します。 P446.mp4

部屋名
P448

部屋名を記入します。 P448.mp4

ハッチング
P450

ポーチにハッチングをします。 P450.mp4

寸法
P452

寸法を記入します。 P452.mp4

印刷
P454

モデル空間から、A3用紙に印刷します。 P454.mp4

レイアウト空間に配置
P456

レイアウト空間に配置します。 P456.mp4

印刷
P460

レイアウト空間から、A3用紙に印刷します。 P460.mp4
ページ 項目 動画
第2部 4章 機械図面用テンプレート 動画ファイル名

図面範囲
P465

機械図面用の図面範囲を指定します。 P465.mp4

画層作成
P466

機械図面用の画層を作成します。 P466.mp4

文字スタイル作成
P467

機械図面用の文字スタイルを作成します。 P467.mp4

寸法スタイル作成
P468

機械図面用の寸法スタイルを作成します。 P468.mp4

その他の設定
P470

機械図面用の単位と線種の尺度を設定します。 P470.mp4

タイトル文字記入
P472

図枠内にタイトル文字を作成します。 P472.mp4

表題欄を保存
P473

モデル空間で作図した表題欄を保存します。 P473.mp4

表題欄をブロック登録
P475

モデル空間で作図した表題欄をブロック登録します。 P475.mp4

図枠の配置
P476

レイアウト空間に表題欄のブロックを配置します。 P476.mp4
ページ 項目 動画
第2部 5章 機械図面 動画ファイル名

中心線
P480

中心線を作成します。 P480.mp4

円を作図
P482

円を作図します。 P482.mp4

フィレット
P484

接線とフィレットを作成します。 P484.mp4

ハッチング
P486

ハッチングを作成します。 P486.mp4

配列複写
P488

円形状配列複写を作成します。 P488.mp4

寸法
P490

寸法を作成します。 P490.mp4

レイアウト空間に配置
P492

レイアウト空間に配置します。 P492.mp4

外部ファイル
P496

外部ファイルを挿入します。 P496.mp4

印刷
P498

レイアウト空間から、A3用紙に印刷します。 P498.mp4